×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エバメール ゲルクリームの誕生
エバメール 「水のクリーム」ゲルクリームはこうして生まれた
創業者である飯野由昌は、自らが食生活の誤りで健康を害し、食品の重要性を認識。それがきっかけになり、健康指導をメインにしたエステサロンを開業しました。しかし、そこで出会ったのは、様々な肌トラブルに悩む多くの女性・・・。その原因は意外にも毎日使う化粧品だったのです。肌に直接つける化粧品の怖さを思い知り、すべての化粧品に対し安全性を疑いました。そんな中、手荒れに悩む美容師さんから「手荒れが原因で、美容の世界から離れる人が多い」ということを聞きました。手荒れのせいで志半ばにして違う人生を歩まなければならない・・。手荒れも肌トラブルも何とかできないものかと悩みました。そこで辿り着いた答えが、乾燥した肌に必要なのは「油」ではなく、たっぷりの「水」ではないのかーということ。そんな発想から、研究を重ね、遂にゲルタイプの水のクリーム『エバメールゲルクリーム』の開発につながりました。

エバメール 原点は水 水選びへの取り組み

創業者である飯野由昌は、健康に関わる仕事をしていた関係で、早くから「水」に関心がありました。そしてゲルクリームは約80%が「水」。原料となる「水」の良し悪しで商品が全て決まることを知っていました。そんな折、出会ったのが「生体エネルギー水」。「生体エネルギー水」とは、自然に湧き出る水の含有成分が、水を浄化、活性化させます。その水は生物が最も必要とする水であり、生体の能力を最大限に発揮させる水でもあります。その自然界の原理を応用して開発された浄活水器の水を生体エネルギー水といい、またこの生体エネルギー水は製品価値を決めるといわれる波動(エネルギー)の高い水なのです。私たちはこの「生体エネルギー」が、生物が持っている新しく生まれる力を助ける水であると確信しています。

エバメール 皮膚の仕組み

エバメール 皮膚の仕組みと水のクリームの関係

皮膚の表面は、汗と油が混ざり合った皮脂膜で覆われています。この皮脂膜は紫外線などの外的要因から皮膚を守り、皮膚表面にある角質層の水分蒸発も防いでいます。健康な皮膚は、基底層で分裂した細胞が停滞せず角質層まで移動し、老化角質となって皮膚表面から剥がれるという新陳代謝を繰り返しています。

エバメール 皮膚の構造

エバメール 皮膚の構造
体内から毛穴を通して皮膚、汗腺から脂が出て、皮膚表面でうまく混ざり合い皮脂膜ができます。そしてわずかですが体内から炭酸ガスも出ています。つまり、皮膚はこれらを老廃物として排泄する排泄器官なのです。また、皮脂膜は角質層の水分を、蒸発しないよう防ぐ防御器官でもあります。








エバメール 表皮の仕組み

表皮の仕組み
基底層で分裂した細胞は、停滞無く角質層まで移動し、皮膚表面からアカとして28日で自然に剥がれていくことを皮膚のターンオーバーといい、この繰り返しが新陳代謝です。一方細胞がスムーズに移動できるのは、体液である水分が細胞移動の仲立ちをし、たいへん重要な役割をしています。また、肌がしっとり潤っているのは、角質層の20〜25%の水分のおかげであり、細胞が角質層へ移動できるのもこの水分があるからです。




トラブルの起きはじめた表皮

トラブルの起きはじめた表皮
皮脂膜は、1/2000mmと云われるくらい薄く取れやすいのです。シャンプーを頻繁に使う美容師さんや、洗いものの多い主婦の皆さまの手などは、皮膚膜が取れやすく修復する暇がないので、水分がどんどん蒸発します。例えばお顔の場合は突っ張りですし、手の場合は物が掴めず滑りやすい状態になります。このような時、一般的には化粧水、乳液、保湿クリームを塗り、手にはハンドクリームを塗ります。




誘い出される角質(カサブタ)

誘い出される角質(カサブタ)
そこで、カサブタのような硬い角質層に、外側からたっぷりの水を与えます。つまり、蒸発を防ぐよう水をゲル状にしたクリーム、エバメールゲルクリームを塗るということです。硬い角質層がゲルクリームで潤いを取り戻し、顆粒層と繋がることで細胞が移動できる環境が整備されます。後は細胞が自力で外に移動しようとするので自然にもとの状態に。









細胞移動は、体液、つまり水分を介して移動しています。皮膚表面が乾燥状態になっている時や、化粧品、ハンドクリームの油分で皮膚表面が覆われている時は、細胞は皮膚表面近くで停滞し、新陳代謝がスムーズに行われません。すると皮膚は硬くなり、ひび割れを起こしてアカギレになります。このような状態の皮膚に必要なのは「油」ではなく「水」だと考え、蒸発しにくいゲル状にした水のクリームを開発したのです。

井戸水を汲み上げるポンプが干上がった時、別の水=「呼び水」を上から注ぎいれてポンプを動かすと水は再び勢いよく出てきます。エバメールは、肌にもこの原理を応用しています。肌を潤わせるための呼び水、それがまさにゲルクリームなのです。エバメールではこれを「角質代謝の呼び水理論」と呼んでいます。





 
Copyright(c)2008 sikisokuzekuu Corporation.All rights reserved.

乾燥した肌が欲しがっているのは、油分ではなく水分。
エバメールゲルクリームの中身は、約80%が水分です。

トップへ⇒

エバメール ゲルクリームの誕生
エバメール 使用方法
エバメール コスメチック
エバメール ゲルクリーム
エバメール 洗顔クリーム
エバメール ソフトクレンジング
エバメール ゲルフェイスパック
エバメール ソープ
エバメール ソフトEシャンプー
エバメール トリートメント
エバメール リキッドファンデーション
エバメール パウダーファンデーション
エバメール パウダーファンデーション 露肌
エバメール メイク小物 その他

エバメール FAXでもご注文いただけます
エバエール Q&A
▲ページTOPに戻る